ニキビ 薬

ニキビで硬くなった皮膚を柔らかくして皮膚の再生を促す外用薬

ニキビの表面は角化し、皮膚が硬くなります。その表面を柔らかくすることで初期のニキビや膨らんだニキビにも効果のあるものと、ケミカルピーリングと言われる皮膚の表面を薄くする事で新しい皮膚を再生させるものがあります。

 

薬にこだわらなくても、化粧品の中には皮膚を柔らかくする効果のある化粧品やピーリング効果のある化粧品がありますので、毎日使用する化粧品でのニキビのケアができます。

 

また、皮膚の再生を促進するだけでなく、炎症も静める効果があります。使用頻度が高い化粧品なので含有物も穏やかに作られており、専門職ではない人にも簡単に扱えるように製造されています。初期のニキビには化粧品で対応する事で高い効果が期待されます。

 

病院で処方された外用薬は、医師による説明を聞かないと皮膚を傷つけてしまい、さらに悪化させることがあります。ケミカルピーリングはいつまでも液を皮膚の表面につけてパックのように使用すると、皮膚が薄くなったり傷ついてしまうため皮膚が敏感になり紫外線の影響を受けやすくなります。

 

紫外線の影響を受けてしまうと、ニキビの炎症がさらに悪化して赤みが増してしまいます。医師の説明通りの使用法を守り、外部からの刺激もなるべく避けるように日常の生活も注意が必要です。

皮膚の炎症や変性が進行してしまった場合の外用薬

ニキビがある部分の皮膚が赤みを増して膨らんでしまったものに対してはさらに効果の高い薬剤が使用されます。ただし、効果が高くなると同時に副作用も強くなるので注意が必要です。

 

膨らんだり、膿を持ってしまって赤みがあるニキビには抗菌剤が使用されます。同時に皮膚を柔らかくしたりピーリング効果のある薬も使用します。抗菌剤を塗る事で皮膚表面からの細菌の侵入を防ぎながら、同時に原因菌であるアクネ菌の繁殖も防ぎます。

 

さらに症状がひどくなって、皮膚が硬くなったりケロイドになった場合にはステロイド剤が使用されます。このステロイド剤はニキビの部分に注射をしますので、塗るものではありません。万が一、ケロイドのように皮膚が変性してしまった場合は手術の対象になります。

 

このように、ニキビは少し膨らんだ皮膚の病気と軽く考えていると重症化してしまうと簡単には元の皮膚に戻ることができない、あるいは元に戻るのに長期間かかり精神的にも自信を失い、ひと目を気にして外出する事を避けるようになったりと、今までの生活とは違ったライフスタイルになってしまう可能性があります。

 

初期の化粧品で対応できる程度の、炎症が少ないニキビの状態で症状を抑えることが大切ですが、一旦症状が出てしまった場合は皮膚科で診察を受け、医師の処方通りの治療を行うことが必要です。

ニキビをできにくくする飲み物は、今まで聞いたことがありません。ただ、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激して肌トラブルに繋がるので、あまり飲まない方がいいということです。ニキビと肌荒れは別のものですが、肌に良くない事をすると、ニキビを作る原因にも繋がることがあるのです。思春期頃、ニキビはできやすく、赤ちゃんには発生しません。乳児によくあるのは、よく聞くのはオムツかぶれなどのかぶれですよね。実際、赤ちゃんの肌は、大変敏感で、すぐにかぶれが発生してしまいます。ニキビはかぶれとは同じではありません。赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、できるだけ早く医師の診察を受けてもらってください。ところで、肌荒れとニキビが係わっていることも可能性があります。吹き出物はホルモンバランスの乱れが主な原因なので、思春期に生じやすいです。だけど、思春期をすぎても発生することがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と呼称されています。この大人ニキビの起こりの一つが肌荒れですから、スキンケアや生活習慣には考慮が必要です。生理が近くなるとニキビが増える女性は割といらっしゃると思います。ニキビになってしまう理由として、女性ホルモンのバランスが崩れ、肌が荒れやすい状態になってしまうのと、生理が来る頃にはどうしても甘いお菓子などが食べたくなったりするので、ニキビになることが起こってしまうのでしょう。最近、ニキビで使用する薬は、様々あります。当然、専用のニキビ薬の方が効き目は高いです。でも、軽度のニキビだとしたら、オロナインを使う事も可能です。効能・効果の欄にきちんとぶつぶつややけど、ひび等と共に、記されています。

更新履歴